オイル美容についてよくある質問・疑問に答えます!

どうしてもベタつくイメージがあって手を出しにくいんですけど....

これは実際使ってみてその感触が確かめてみないと信じられないと思います。

なので、ぜひ試してほしんですけど、普通の油分と美容オイルというのは全く違うんですね。オリーブオイルやホホバオイルといった美容オイルは、皮脂とすごくよく似た分子構造なうえ、細かく濾過して精製度が高いので、肌なじみがよくスーッと浸透します。

乳液やクリームなどは肌にのっているとか、密閉されている感じがあると思うんですが、そうした感覚はまずないです。クリームがベタつくから乳液を使っているけれど、それでもまだベタつきが気になっているというならオイルを断然おすすめします。

基本的に美容オイルは分子構造が細かく、サラサラしていますが、椿油だけは重い感じです。これだけは気をつけてくださいね。

オイリー肌やニキビがある肌にもおすすめって本当?無理だと思うんだけど?

オイルで余計に肌が脂っぽくなりそうと思う人は多いと思うんですが、オイルには皮脂分泌のバランスを整える作用があるので、実は脂っぽさを落ち着かせてくれます。また、乾燥やターンオーバーの乱れからできる毛穴詰まりも肌をやわらかくして防いでくれるのでニキビ予防にもなります。

「皮脂や角栓のケアにもなるし、皮脂の過剰分泌の原因となる肌の乾燥も改善してくれる。」

乾燥肌や敏感肌といった肌質と相性がよさそうなオイルですが、肌質を選ばず効果を実感できるのがオイル美容です。オイリー肌やニキビに悩んでいる人こそオイルは積極的に使ったほうがいいと思いますよ。

オイルは酸化するから肌トラブルの原因になるって聞いたけど?

これは私も知ってます。某有名な美容皮膚科の先生がいってますよね。

確かにオイルを使う場合は酸化という問題には気をつけないといけませんが、スクワランやアルガンなど酸化に非常に強いオイルを使い、さらに精製度の高いものを使えば問題ないと思います。正しく使うことを心がければ大丈夫じゃないでしょうか?

オイル自体は基本的に酸化しないように処理されていますが、念には念をということで、使った後は蓋をして空気になるべく触れさせない、直射日光を浴びるところに保管しない、使用期限を守るといったことにも気をつけたほうがいいでしょう。

オイルを正しく選び、保存方法に注意すれば酸化やオイル焼けは避けられるはずです。

シミやシワが改善するというのは本当!?

オイルには肌のタンパク質をやわらかくなめらかにする効果があるので、表情の変化によってつく折り目がつきにくくなります。特に目元や口元などは動きも激しいし、シワが付きやすい部分ですが、オイルを塗っておくと動きもなめらかになるのでシワを緩和することができます。

シミについては、肌が柔らかくなることで古い角質がスムースに排出されるようになること、それからターンオーバーを整えてくれるので、メラニンを排出しやすい肌環境になり、シミに対しても効果が期待できます。

オイル(=脂質)だから太りそうで心配です。

魚油にしろオリーブオイルにしろ、飲むオイルは大さじ1杯あたりだいたい120kcalありますから、大量に摂取すればやっぱり太る原因になるとは思います。ただ、太るからといって油はとらないでいると、体内の脂質のバランスが崩れてしまって太る以上に取り返しのつかないことになります。

なので、健康や美容のためにはどうしてもオイル(=脂質)は必要なものだと割り切ってください。

なお、脂質は脂質でもオメガ3系脂肪酸の場合、中性脂肪を下げる作用や脂肪細胞の増殖を抑える作用があるため、他の脂質と比べると太りにくいという特徴があります。これは覚えておくといいかもしれません。

どうやって使っていいのかが、よくわかりません。

クレンジング、ブースター、シールド、マッサージなど何にでも使えます。

基本的には乾燥やエイジングサインが気になる部位に使えばいいと思います。具体的な使い方についてですが、複数のオイルがMIXされたブレンド系オイルは使う量やタイミングに指定があると思うのでそれに従ってください。

特に指定がないものや純正系のオイルの場合は、洗顔後に使います。化粧水の前に使えば浸透を促すブースターとして、スキンケアの最後に使えば肌をシールドする効果を発揮してくれると思います。肌との親和性が高いオイルはすぐに浸透するので、使うタイミングはいつでもいいんですね。

1回の使用量は2、3摘で十分です。手のひらで温めてから使うと伸びもよくなりますし、皮膚温に近いほど浸透力もアップするので、少量でも十分な効果を感じられるはずです。フェイスケアの場合は顔全体になじませて、気になる部分があれば、あとから重ね付けしてください。

「知っ得!オイルの基礎知識」の他メニュー

オイルは何が凄いのか?美容通が最後にハマるその理由

スキンケア以外にも香りを嗅いだり、体内に取りいれることでも美容や健康に素晴らしい効果を発揮してくれるのがオイルです。

塗るオイル、飲むオイルはどうやって選べばいい?

初心者向けのオイルの選び方や純正系オイルとブレンド系オイルの違い、飲むオイルを選ぶポイントを紹介します。

悩み別におすすめの塗るオイルと飲むオイルを紹介します。

オイルごとに特徴があるので、自分の肌の悩みにあわせてピッタリなものを選んでみましょう。飲むオイルはオメガ3系の一択です。