オイル美容で肌を保湿&保護して潤いを逃がしません!

乾燥した肌をオイルで保湿&保護する効果

オイル美容に取り組んでみようかな?と思う人はそのほとんどが肌の乾燥が気になっているはず。

お肌の曲がり角といわれる25歳を過ぎれば肌というのは老化する一方で、いかに20代の潤いと若々しさ溢れる肌を維持するかというのがスキンケアにおいて重要になってくるんですが、最重要ポイントになるはやはり「潤い」です。

乾燥肌というのは説明したように肌のバリア機能が低下している状態の肌ですから外部刺激の影響をウケてすぐに肌が炎症を起こしてしまいますし、肌の内部の水分もつなぎとめることができず、蒸発する一方です。こんな肌に化粧水をつけて水分を補給しても、しみてしまって痛いだけですし、水分を与えたところでそれを保持できないので、すぐ蒸発してしまうんですね。

なので、乾燥する肌、刺激に敏感になってしまった敏感肌というのは、とにかくまず水分が蒸発していく状態を何とかしないといけませんし、外部からの刺激を受け放題の肌を保護するスキンケアを施さないといけません。

そんな、保湿と保護という2つのアプローチが同時にできてしまうのがオイルなんです。

オイルなら、顔はもちろん、手や足、髪や爪の保湿&保護も可能!

オイル美容でよく利用される植物オイルやスクワランオイルなどは、皮脂に近い成分ということもあって、肌に塗ればそのまま皮脂のような働きをしてくれます。30代以降は女性は特に皮脂の減少もすすみ、40代になると20代の半分になってしまうので、これだけでもしっとりしたうるおいを感じられるはずです。

オイルは、そのまま肌表面を皮膜のように覆ってヴェールをかけたように保護膜の役割もはたしてくれます。毛羽立っていた角質はしっとりして落ち着き、乾燥や外部刺激をブロックして、水分や潤いの蒸発を防いでくれるなど、肌のバリア力をアップしてくれるわけです。

それから銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生によると、「外用した脂質は角質層を通過し、顆粒層内で角質細胞間脂質の合成過程に組み込まれる」そうなので、これが本当だとすれば、オイルを塗ることは、脂質を補給してあげるだけでなく、吸収されたオイルが肌の組織の一部になって細胞間脂質を強化することにもなると考えることができます。

(※とはいえ、いくら浸透力がいいからといってもバリア機能を突破して、しかも肌の組織の一部になるという点には疑問が残ります。肌に触れた脂質がなんでも吸収されて、肌の一部になったらそれはそれで困ったことになるはずなので。ということで現在詳しく調査中です。)

肌を保湿し、保護してくれる作用がある乳液やクリームもあるとは思いますが、何だかよくわからない化学成分や界面活性剤が含まれているのはやっぱり心配なはず。それを考えると、あらゆる肌質、肌荒れしてても刺激なく使えるオイルというのはやはり魅力です。

このオイルの保湿&保護効果というのは、顔はもちろん、髪や爪といった部分の保湿と保護にも使えますから、オイル1本あれば全身の乾燥対策、弱った部位の保護が可能だということです。費用対効果という点でもオイル美容は文句なしというわけです。

「塗るオイルに期待できる効果」の他メニュー

細胞再生(=肌のターンオーバー)を促進できる!

古い角質をはがれやすい柔らかい状態に変えてくれるほか、オイルのリノール酸が肌の細胞再生を促してくれるので、肌のターンオーバーを促進できます。

血行を促進して冷え症も解消できるかも!?

オイルに含まれるビタミンEなどの作用により血行を促進することができます。顔の血色が悪い、冷え症という方は使ってみると効果的だと思います。

肌の炎症を鎮静化!アトピーやニキビの悪化を防ぐ!

皮膜のヴェールで荒れてカサつく肌を保護しながら抗炎症作用で炎症を鎮静化してくれるのがオイルです。アトピー、それからニキビの炎症にもおすすめ。