飲むオイル美容のホルモンバランスの調整作用

女性の肌の若さは女性ホルモン(=エストロゲン)で決まる。

肌はもちろんですが、心の安定やバランスといったことも左右するのが女性ホルモンです。女性ホルモンが肌のコンディションに大きな影響をあたえるというのは、 若い人であっても生理周期によって肌の状態が変化するということでも実感済だと思います。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つがあるんですが、なめらかでハリと弾力のある肌をつくるサポートをしてくれるのはエストロゲンのほうで、 このエストロゲンの分泌量をいかに保つかということが、そのまま若々しい美肌を保つポイントになります。

 

■ エストロゲンによる美肌効果まとめ

・肌の水分量を高めて肌をみずみずしく保つ
・肌のキメが細かくなり、透明感が増す&毛穴が目立たなくなる
・コラーゲンを増やす作用があり、ハリ・弾力を保つ
・皮脂の分泌を抑制する
・毛細血管を拡張して血流を良くする

 

残念ながら女性ホルモンの分泌量というのは35歳を過ぎたあたりから卵巣機能が低下してくるのにともない、 徐々に低下しはじめて、50歳前後の閉経を迎えるぐらいころには、ガクンと落ちてしまいます。

そのため40代後半ぐらいからはエストロゲンが不足してしまったことによる心身の不調が目立つようになります。いわゆる更年期障害というものです。

皮膚医学的には「卵巣年齢=肌年齢」といわれるので、卵巣年齢を若く保ちエストロゲンの量を維持するためには、30代半ばになって頑張るのではなく、 若いうちから意識しておいたほうがいいです。

というのも、卵巣機能というのは、食事や睡眠不足、冷え(血流)、体重(脂肪の量)といったものに大きな影響を受けるため、生活習慣が乱れていると、 年齢に関係なくエストロゲンの分泌が低下してしまうためです。生理不順などはその典型的な例といえると思います。

女性ホルモンを作るのがオメガ3系脂肪酸

さて、ここからはオイルが女性ホルモンの調整にどう効果があるのかというお話をしたいと思います。

体重が常に気になる女性にとっては太るイメージやニキビや吹き出物ができてしまうイメージのあるオイル(=脂質)というのは、できれば避けたいと思っているもののはずです。だからダイエットなどをすれば真っ先にオイル抜きを行うと思うんですが、実はそこに落とし穴があります。

というのも、女性ホルモンをつくるのに欠かせないのが脂質(=コレステロール)だからです。

ちなみに女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンの材料になるのも「コレステロール」です。性ホルモンはコレステロールが変化することで生成されるものなので、コレステロールが不足してしまえば、性ホルモンも減り、そのためホルモンバランスも乱れてしまうようになります。

そのため女性ホルモンのバランスを整えるためにも、脂質(=コレステロール)は欠かせないというわけなんです。

もちろん、脂質(=コレステロール)であればなんでもいいのか?といえばそんなことはありません。欧米人のような肉や乳製品の食べ方を日本人が真似すれば、生活習慣病のリスクを高めるだけです。ポイントは、良質なコレステロールを摂取するということで、具体的には、オメガ3系脂肪酸のDHA、α-リノレン酸がおすすめになります。

30代以降は太りやすくなるからと、脂質の摂取に過敏になる方も多いんですが、ご紹介したように脂質の摂取は女性ホルモンの材料になるだけでなく、ホルモンバランスを整えて婦人科系のトラブルを緩和してくれる効果もあるので、卵巣の機能が落ち始める30代以降こそ、特に重要になるものなんです。

避けるべき脂質(トランス脂肪酸や飽和脂肪酸)と積極的に摂取したい脂質(オメガ3系)をしっかり把握して、ぜひ積極的に脂質は摂って欲しいと思います。

「飲むオイルに期待できる効果」の他メニュー

抗酸化作用で活栓酸素を除去して老化を防ぐ

オイルを摂取する一番の目的といっていいかもしれないのがオイルに含まれている抗酸化成分を摂りいれて身体の酸化を防ぐということ。美容・エイジングケアに欠かせません。

ドロドロ血液をサラサラに、ボロボロ血管を強化する!

脂肪酸のバランスが血液や血管の状態をキメます。血液が質が低下して、血管が老朽化すれば、酸素や栄養の運搬に支障がでてきますから生活習慣病や汚肌の原因になります。

アレルギー反応を緩和し、敏感肌対策にもなる!

オイルは細胞膜の材料になり、肌細胞の再生や修復に大きく影響しますから敏感肌の弱ったバリア機能の再構築には必要不可欠。オメガ6とオメガ3の脂肪酸のバランスがアレルギー反応を左右します。