飲むオイル美容の抗酸化作用で老化を防ぐ

細胞や遺伝子を傷つけて老化を促進する<活性酸素>

鉄などの金属がサビて茶色くなったり、バナナやリンゴの切り口が時間とともに変色していくのは酸素によって物質が酸化するからだというのはご存じだと思います。そしてそれと同じことが身体の中でも起きているというのは美容意識の高い人にとっては常識だと思います。

人体の細胞を酸化させてしまう悪玉の酸素のことを活性酸素といいますが、この活性酸素は身体の細胞や組織を強力にサビつかせてシミやシワなどの肌老化の原因をつくります。さらに、遺伝子も傷つけてしまうのでガン細胞の発生にもかかわることがわかっています。

当たり前ですが、こんな細胞や遺伝子を酸化させて傷つける活性酸素の存在を体内の防疫・免疫システムが放っておくわけがありません。人体には増えすぎた活性酸素を除去するシステムがあり、活性酸素を除去する酵素(SOD)というものをつくりだせる仕組みがあります。

この酵素が体内で働き回ってくれている間は、活性酸素による肌や身体への悪影響というのは実感せずにいられるんですが、この人体に備わる抗酸化システムは、30代以降、低下していってしまいます。そのため30代になると活性酸素が体内で悪さをするのを抑えきれなくなってきてしまうんですね。

シミ、ハリ・弾力の低下、加齢臭etc...全部、抗酸化力が関係しています。

加齢による体内の抗酸化力の低下以外にも、激しい運動、大食い&早食い、ストレス、紫外線、疲労、食品添加物や大気中の汚染物質など、身体にとって大きな負荷がかかるようなことをすると、体内に大量の活性酸素を増やす原因になるので、そうしたことを極力避けることも大切なことです。

オイルに含まれる「オレイン酸」「ビタミンE」「オメガ3系脂肪酸」の抗酸化力!

30代以降、低下してしまう抗酸化力を補うには、食を通じて抗酸化成分を取りいれることです。

野菜や果物の皮や種のなかにはポリフェノールやビタミン、フラボノイドといった抗酸化作用のある成分が含まれているので、抗酸化作用の強い成分を積極的に摂取するというが美肌やアンチエイジングに置いて非常に効果があることになります。

と、ずいぶん前置き長くなりましたが、ここでオイルの出番です。

自ら移動できない植物は、強烈な紫外線や乾燥、害虫から身を守るためにさまざまな栄養素をつくりだし、皮や種といった部位に蓄えています。 オリーブやアルガンといった食用にも利用されるオイルは、強い生命力と驚異的な栄養素が凝縮されている種子を搾って作ったオイルですから とてもつもない栄養素とパワーが凝縮されているわけですね。

特にアルガンなどはほとんど砂漠地帯で育つ植物ですから抗酸化力がすごいんですね。

食用の飲むオイルに含まれているオレイン酸やビタミンE、 それからオメガ3系脂肪酸などは特に抗酸化作用に優れている成分になりますから、これらを日頃から摂取しておくと、 エイジング効果や美容効果が大いに期待できると思います。

オリーブオイルで作る魚料理とか、抗酸化成分たっぷり野菜スープやサラダに亜麻仁油をかけて食べるといったことを意識すると 肌の老化を防ぐさまざまな抗酸化成分を組み合わせて一度にたくさん摂取できるのでおすすめです。

なお、酸化したオイルを食べたり、調理に使うと体内で活性酸素を増やす原因になるので、古くなった食用のオイルは絶対に使わないようにしてください。 オメガ3系脂肪酸は特に酸化しやすいので保存にも気をつけましょう。

「飲むオイルに期待できる効果」の他メニュー

ホルモンバランスを調整して、ハリと潤いをアップ!

女性ホルモンの材料になるのがオイルです。年齢とわず必要な分のオイル(=脂質)が不足してしまうと肌だけでなく、身体のいたるところに不具合が生じて大変なことになります。

ドロドロ血液をサラサラに、ボロボロ血管を強化する!

脂肪酸のバランスが血液や血管の状態をキメます。血液が質が低下して、血管が老朽化すれば、酸素や栄養の運搬に支障がでてきますから生活習慣病や汚肌の原因になります。

アレルギー反応を緩和し、敏感肌対策にもなる!

オイルは細胞膜の材料になり、肌細胞の再生や修復に大きく影響しますから敏感肌の弱ったバリア機能の再構築には必要不可欠。オメガ6とオメガ3の脂肪酸のバランスがアレルギー反応を左右します。